FC2ブログ

チワワのひとりごと

不定期ですが、日々の出来事を本音も交えてチラリと書いてみようかな。

暖かぁ~

今日は、風もなく暖かく感じられます。
夜には冷え込むらしいので気を付けなくては。

やっと、一昨日の疲れも取れました。
と言うのは、母の病院の付き添いで予約の時間を大幅に上回り1時間待ちでした。
受付票の番号が電光掲示板になかなか表示されなくて、妹と私は溜息ばかり・・・
必ずしも番号順ではなく、入室する方を観察していると高齢者や車椅子の方たちでした。
先生が症状によって受診者を入れ替えているのかも。
でも、急に表示が出ても入れ替わり呼ばれることもあるので待合室を離れるわけにはいきません。
見上げる度に溜息。

妹とシドニーのお孫ちゃんの話を聞いたり、夫の行動や態度の話と話題は尽きませんが。
夢中にならないようにしていました。
ところが、首は凝る、腰は痛くなる、肩は凝ると付き添いも楽ではありません。
月に一度の受診ですが、一か月が瞬く間にやって来ます。
妹も同感でした。
速い、とにかく速いが実感です。

ただひたすら、受診待ち、薬待ちで何も出来ないことがこんなに疲れ、辛いるなんて。
動いている方が身体に良さそうです。
寝たきりになったら足腰が弱くなるどころでなく、体力そのものがなくなり老化は急速に進むんでしょうね。
まだ遅くないから予防はしないと。

母から届いた封書には、隣室の方(母より年下)が亡くなり、寂しい、悲しいとノートの切れ端に書いてありました。
便箋くらい、お買い物担当のヘルパーさんに頼んで常備しておけばいいものを。
取りあえず、手短にあるもので・・・
こんな調子です。
その前には葉書が届きましたが、封書にした意味が解りません。


スポンサーサイト

今日の雪

昨夕、実家から帰宅した夫のシフトは早出です。
物音には気づいていましたが、見送らずにお布団の中でした。
マイカー通勤なので雪初めで大丈夫なのかしら?と思いつつ、窓の外は辺り一面白くなっていました。
積もるかも・・・

今年は、私達は古希を迎えます。
あれもこれもと出来ない年齢になり色々と約束事を決めています。
遅番の時は、帰宅が21時近くになるので夕食は一人で先に始めています。
入浴もお先ですぅ。

何もかも夫に合わせていると、高齢の母の介護に差し障るからです。
緊急で出かけることもありましたから、体力維持は大切。
私がダウンしたら、シワ寄せは妹や夫に行くのが目に見えています。

妹も会う度に、体調が悪かったので即、受診していたなどと話してくれます。
私もそう、負担を掛けないために早目の治療を心がけています。
結婚してからは、そう頻繁に会うこともなかったのですが、父の認知症の疑いがある時は妹宅へ報告に行きました。
それ以来、父の受診や施設への転入、退去へ母の病気発症も重なり二重・三重と苦しい中を乗り越えて今に至ります。
兄弟姉妹でも介護の問題は人それぞれです。

妹は、義母の介護で一人で施設の入居と退去の体験から大変さを知っています。
ご主人の弟夫婦は全く協力をしてくれなかったそうです。
往復の車内で自問自答しながら、叫びながら自宅に戻ったと言う話を数年前に語っていました。
恐らく疎遠になっているんでしょう。

一つ気になっていることがあります。
昨秋より、メールの返信が途絶えているお友達。
息子が小学生の頃に同じ役員をした友達ですが、今月の初めにも気になってメールを送ったのですが返信がありません。
とてもお元気で、健康に自身もあり早朝のパートを長く続けられていました。
辞めてからは、お孫さんたちに囲まれて楽しく暮らしているようなんですが・・・
毎年、お互いにメールで新年の挨拶もしていたのに今年は全く無い状態。
バタバタが終わったら携帯に電話をしてみましょう。

雪が積もると困るなぁ~
もう直ぐ母の病院の付き添いの予約が入っています。


また腰痛と口内異常

先週は、南房総市へ1拍旅行でリフレッシュしてきましたが、熟睡できず疲労度アップです。
と言うのは、またまた口の中で異常事態発生しました。
歯痛ではなく、歯茎とその根底が疼くのです。
歯科医院に連絡し夕方にも受診が可能ならと思ったのですが、予約でいっぱいでした。
緊急事態ではないのですが、今直ぐに来られるかとなり丁度お昼前で夫が戻って来る時間で1週間後に見送りました。
時々疼く程度なので食事や歯磨きに支障はありません。
でも、また根管治療になるのかしらん?
昨年治療したばかり・・・
再発するらしいのです。
定期健診時は全く異状なかったのに。

そして、先に眠りについた夫の鼾で浅い眠りでした。
運転疲れ?とアルコールの影響でしょうね。
夫は、必ず昨夜は鼾をかいていたかと訊いてきます。
何と南房総は暖かいのでしょう。
ポッカポッカ~♪
ポピーやストック、菜の花が満開でお花つみをされている方もいましたよ。

昼食後は助手席から後部座席に変えて貰いました。
安心して居眠りができるからです。
コックリ、コックリ良い気持ちでした。
気づくと、もう見慣れた市街地を走っていました。

安房神社で参拝し、破魔矢の鈴が時々鳴っていました。
来年は返しに行かなければ・・・と夫の一言。

そして、眼科受診日は寒かったのでホカロン装着で自転車でゴー。
ところが帰宅後に腰痛がぶり返しました。
また、痛み止めの薬を不況と湿布薬のお世話になっています。

1つ嬉しいことは、今年は本当に寒い毎日。
私の寝室は2重窓にしたお蔭で結露はなし、夫の寝室とリビングはガラスを替えたので結露なしです。
台所のみ半間のガラスは結露ですが、この程度なら拭き取りは苦ではありません。
古希間近なので簡単、便利は身体に優しいが嬉しいです。

ハードな一日

今日は、母の病院の付き添いが2件ありました。
我が家を出発したのは午前8時半過ぎ。
前夜に1回洗濯をしておきましたので、洗面と同時に洗濯機のSWをオンです。

寒気でいつもより早く起きてしまったので、暖房の効いたフロアでは睡魔に襲われましたが、今日は病院も新年早々の開業日でしたから、どのフロアーも人で溢れていて座る場所も確保できませんでした。
ちょうどと言ったら、私は腰痛に悩まされていましたから立ったり座ったりで何とか凌げました。
夫から痛み止めを貰って飲んだのも良かったのか、苦痛は回避できました。
後は湿布薬と塗り薬で何とかなりそうです。

それにしても、眼科へ行っても耳の遠い母は看護師さんや受付の方の注目を浴びています。
会話が筒抜けは何とも恥ずかしいぃ~
こんな調子で先生に至っては、訊かれたことを返事をせずに頷く物ですから、妹が耳元で大きな声で訊かれたことを告げると笑っておられました。

呼ばれる前の話ですが、待合室で施設の今日の昼食のキャンセルを届け用紙に提出したものの不安らしく、電話して欲しいと言いました。
既に締め切り時間は過ぎているのですが・・・
施設の方は、午前中は人手も少ないのですから多忙なのでしょう。
事務所に居ないケースが多いのです。
直接伝えられなかったので相当不安?
仕方なく妹は確認の連絡を入れに外に出て、受理しましたと言われたと。

先月から解っているのですから、昼食の申し込みはしなければ問題ないのですが・・・
若しくは事前に出来る筈なんですが、自分ではしません!
何か訊けば、ああでもない、こうでもない、と言うばかり。
まるで、朝ドラの鈴さんのようなんです。
夫も良く似ていると笑いますが、娘にとっては迷惑なことばかり。
ドラマのように優しく言えません。

長い長い待ち時間も終わり、妹も母を連れての移動に疲れるようです。
もう面倒なので、この病院内のカフェでランチにしましょうとなりました。
すると、「えーっ、外に行かないの」と母からの一言。
必ず、こういう一言が返ってきます。

腰痛更に・・・

昨夕、息子が顔見せにやって来ました。
すき焼きにするわよと、LINEをしたら効果?はあったようです。
夫は自分が息子の年齢の時には、酷く疲労感を覚えていたと実家からメールが届いたことがありました。
我が家の倅は『不惑』間近で体力、気力が落ちる時期だがどうなのかと心配していました。
本人に聞きましたが問題なしの一言でした。

ただ、心配なことはバツイチとなって一人自由気ままな生活です。
こればかりは本人次第なのでどうにもなりません。

まだ腰痛が治っていないところへ、いつもより頑張った影響も出て今日はかなり痛みがあります。
夫から鎮痛剤を貰い、塗り薬で対処しましたがイマイチです。
夜は湿布薬を貼ってみましょう。
あまり湿布薬は好みではないのですが・・・
一晩で被れてしまうからです。
先日も真っ赤になったのはそうだったかも。

今、夫はこれから他の施設の応援で夜勤に入るので仮眠中。
時には一人ご飯も楽で良いのですが、どうしても簡単に済ませる傾向にあります。
きちんと、3食をしっかりとっている方は元気で長生きできるとか。

息子にも話しましたが、夫は春には古希です。
私も年末には古希を。
色々しておかなかければならないことも・・・

今年はこんな調子で寝墓足もあり、初詣は近場の神社にしました。
本来なら、お御籤を引いて、破魔矢を買って、小さな干支のお飾りを買うのですが何時もの神社に足を運べませんでした。
ちょっと残念ですが、一泊旅行の途中で何処かでお参りできたらと思っています。