FC2ブログ

チワワのひとりごと

不定期ですが、日々の出来事を本音も交えてチラリと書いてみようかな。

一昨日で・・・

結婚42年目になりました。
,誰でもそうなんですが、親と暮らした月日より夫婦として暮らした時間が長いのに驚きます。
久し振りに夕食を外でとることになりました。
夕方発のバスに乗車して、私は終点までコックリコックリ。

その前に、二人で駅前の出張所でマイナンバーカードの交付受け取りの手続きを済ませました。
予め、受取り通知葉書に記入と押印をして行ったのでスムースに運びました。 
パソにタッチ入力で三種類共通の暗証番号とe-tax証明用の暗証番号を登録。
その後、次回の更新までの案内などの説明を受けて約30分ほどでした。
やっと辺りも薄暗くなってきて、食○ログで調べた居酒屋さんを二人で捜索して店内に。
17時はまだ早すぎるかなと思ったら、カウンターには男性一人とテーブル席には男性グループがすでにいました。
夫とカウンター席で、私は冷えた身体を温めたいので紫蘇のお湯割り焼酎を、夫は取りあえず瓶ビールです。
静岡おでんが美味しいとあったので最初のオーダーに。
そして、秋の味覚秋刀魚を丸々一匹、焼き立てで堪能しました。

特別に話すことはないのですが、来年は母が米寿を迎えます。
皆で一泊旅行か食事でお祝いしてあげようと、夫からの提案です。
来月の母の病院が2か所あるので妹と相談ということに。
2時間ほど居たでしょうか、後から続々と若い人のグループやカップルの人たちが~~~
広いお店でないし、お腹もいっぱい。
そろそろシニアは退散です。
たまの外ご飯は楽で良いものですね。


スポンサーサイト

寒くなる前に

今日からインフルエンザの予防接種が始まりました。
自宅近くの小さな病院ですが、女医さんなので相談しやすいので、今では掛かりつけの病院となりました。
先生にお伺いしたわけではありませんが、聞くところによると独身でお母様をお一人で介護していらっしゃるそうです。
先生も高齢になり毎日開院してはいません。

今年も先生のご友人でしょうか、お手伝いに来院されて、インフルエンザの注射担当のようです。
来月だと風邪を引いた過去があるので、10月いっぱいに予防接種を受けることにしています。
一度、却下されて出直しした過去。
女医さんが「寒くなったり、暑くなったり変な気候ね」と声を掛けて下さいました。
喉も赤くないので問診票もスンナリ通過してプシュッ!
いつもポーズを忘れてしまいますが、やっぱり痛い!

大きな病院なら30分は安静にして外へは出られませんが、ここ小さな病院では10分~15分ほど静かにしていて会計となりました。
接種後に異常はなかったか問われ、後は自宅で20分ほどは安静にして下さいと言われました。
ついでにスーパーで買い物をしましたが、何だか今日は身体がいつもより重いく感じ。
ゆっくり歩くように心がけ、外へ出ると幼稚園児の行列に遭いました。

ちょっと歩道の端に移動し見送ると、「こんにちは}と声を掛けてくれる子もいました。
「こんにちは」と返すとにっこり顔。
何だか癒されました。
孫がいたらこんな気持ちになるのかなぁ?


母のマイナンバーカード

昨日は、予約してあった出張所に母を連れて、マイナンバーカード交付受け取りに行って来ました。
本人が出向くことが一番簡単で楽な方法です。
ですが、母には何一つ解っていない表情でした。

本人確認には何種類か証明できる物が必要なのです。
予約一日前と、当日には戸籍住民課からお知らせのメールが届いていました。
写真付きの提出できる証明書を持っていないため、2・3回確認をしました。
書類不備で受け取れなかったら本当に大事ですから。
健康保険証は先週、妹が母に返却を忘れてしまったものですから、LINEで忘れないようにと連絡を。
他には母に介護保険証を持ってくるようにメモを書いたのに、無いと言い張るし・・・

多すぎても困らないようにと、通帳と年金手帳を持って行って良かったこと。
家の売却がまだなので実家の住所が記載されている物でないとダメ。
何と、2冊ある1冊の年金手帳の氏名が違うと言われドキン。
一文字書かれていません。これは訂正した方がよろしいですよと言われてしまいました。
行政のすることに・・・

父の名前がそうでした。
一文字線を入れたために本名とは違う名前に。
どうして最終確認がされないのでしょうか。

何とか顔認証確認まで漕ぎつけ、暗証番号の他に署名用電子証明書暗証番号まで求められ、妹と相談して決め、私が画面にタッチして入力を済ませました。
これからは、コンビニで色々と書類が取れるようになります。
但し、窓口でないと発行できない書類もあるようなので、当分は母の印鑑登録カードとマイナンバーカードは私の預かりです。

説明もあり、30分は居たでしょうか、その後、父の眠る霊園にお墓参りに行きました。
お彼岸は暑かったので母を連れ出すわけには行かず、やっと抱えていたことが達成できてホッとしたところです。
残すは実家の売却となりました。
今月の内に契約成立すると良いなぁ~~~

母の老人力

昨日は、母の内科受診の付き添いでした。
いつになく何処もかしこも混雑していて、長い待ち時間を妹とお茶をしながらの打ち合わせでした。
来月の眼科受診の調整で変更連絡に妹は走りました。
戻ってきたところで、来週の母のマイナンバーカードの交付受け取りで暗証番号の考えた候補の話し合い。
受診後に実家に寄り、少しでも不用品の持ち出しをしよう等々。

そして、母の待つ待合室に行き番号が表示され診察でした。
先生とのやりとりに補聴器も未装着で慌てる私達。
待っている間に何もしないでいたのです。
あれほど準備しておいてと頼んでおいたのに。
おまけは、先生が問いかけている質問に答えず、自分の話をしだすなど老人力全開でした。
先生も慣れてきたのでしょうか、「要るの?要らないの?」と聞き返す始末でした。
私達よりは女医さんですから優しい聞き方ですが、中国出身の先生です。
笑ってやり過ごして下さるので有難いです。

受診も終わり今回はイタリアンカフェで軽いランチをとり、母に事前に受取り用の葉書に署名をして貰いました。
メモの付箋を付けてあるにも関わらず、自分の名前を聞き返すなど黙って作業ができません。
不安感からなんでしょう、何でもどう書くのか聞いてきます。

来月はインフルエンザの予防接種を先生にお願いしましたが、こちらも問診票の記入でまた気をもみそう~~~
施設での交流関係の話も結局何が言いたかったのか判りませんでした。
会話は大事ですね。家族だと、「あ」、「うん」、「あれよ」で判るかもしれませんが、第三者との会話は通じなければ成立しませんから。認知症予防にも声は出すべきと感じました。




実家の行方

一昨日の夜のことです。
不動産業者の方から電話が入り、先方の方から調査したことが発生して今日の契約は1週間~10日ほどの延期になりました。
当時の登記簿はずさんな処があって、現在ほど厳しくないため明確にしたそうな。
妹の方が父と契約に携わっていたので詳しいとは思いますが、長女の私が母の代理となってよく理解していない点もあります。
売主さんが一つの敷地に2軒の家屋を建て、図面上の敷地に対して家屋が大きいと指摘され縮小したとか。

また、家屋事態はもう老朽化が進み土地で売却を出していますが、リフォームして使うという使い方もあるとか。
違う観点からも先方さんは考えているようです。
契約の取り消しは無いとのことで一安心ですが、10月も予定が続々と入ってきました。
2週続けて母の付き添いもあるし・・・
ゴミの指摘もあり、1週目は実家に寄って不用品を少しでも出し綺麗にしましょう。

また、マイナンバーカードの交付受け取りも、やっとのことで予約が取れました。
後は、必要書類に記入をして貰い母を連れて行けばOK!
本人でないと、色々と証明書が必要になるので、施設に近い出張所へ歩けるので受け取ることができます。
市役所の方にも念を押されました。

これには、仕事帰りの夫が実家の郵便受けを覗いてくれたお蔭でスムースに運び助かりました。
母の代理でネットで予約を取り、メールにて確認を受取り準備万端整いました。
その後は、又、私宛に郵便物が届くように、今度は『e-転居届け』で変更しました。