プロフィール

チワワ

Author:チワワ
アラカンの主婦。脱サラした夫が介護福祉士となり、お爺ちゃん、お婆ちゃんのお世話をしながら次なる目標に向けて奮闘中。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

FC2アフィリエイト

耳寄り情報

広島旅行

やっと、画像をアップできました。
久し振りにブログの更新でリンクは上手く張れず、何がどう違っているのか過去記事を閲覧しながら何とか完成です。
もっとマメに更新しないと頭が錆びちゃうかなぁ?と少し不安になりました。

ホッとしたと同時に、出来た時の達成感を忘れないようにと自分に言い聞かせました。

もし、こちらに遊びに来られたらちょっとだけ寄り道をしていただけたら嬉しいです。m(__)m

↓入口です。
『明日、天気にな~れ』



スポンサーサイト

誕生日間近

広島旅行から帰ってきました。
今年は直前に速達が届くなどありましたので、ペースダウンです。
終えて旅行へ出かけられ、又、好天気に恵まれ本当にラッキーでした。
そんな訳で、画像の編集も滞っています。

明日は実父の納骨日です。
お花やお線香は霊園に頼んだので、少し荷物は少なめになりました。
お供物は大好きだったチョコレートにします。
ケアハウスに居る母の所からは、写真と遺骨の持ち出しに母の服装チェックをしたら出発予定。
遺骨の持ち出しにも気を使います。
入居者の方々は高齢者ですから目につかないようにしなければなりません。
施設側も前例がないので、とちょっと引いていた感じ。

そして、来月は誕生日がやってくると『92歳』になる義母。

義母 桜の花作り

桜の花を作ったそうです。
食が細くなったようですが実母より元気そう。
何が違うのかなぁ?


いつか通る道

今日は北風の吹く日でしたが暖かい日でした。
久し振りに、友人とランチができて少しリフレッシュができました。
殆ど私の愚痴と、残された家族のすべきことの大変さでした。
話を聞いてくれた友人に感謝、感謝です。

成年後見人の司法書士の方が、市役所関係の手続きをして下さっているので大助かりです。
遺族年金の手続きは、社会保険労務士さんと来週早々に打ち合わせに出かけることになっています。
それにしても、自宅から駅までのバスの便が少なくて電車との連結が厳しいこと。
労務士の方が訪問と言う選択肢もありましたが、事務所へ出向く方を選びました。
一昨日、速達で委任状が届いたので大至急で折り返し返送し間に合ったようです。
メールで受け取ったとの連絡が入っていました。
取りあえず、持参する物はないようで手ぶらで良いとか。。。
お話を聞いてみないと詳細は全く判りません。

お出かけしている間には、売却中の不動産業者の方から留守電が入っていました。
妹からLINEがあり、売却も一旦停止の方向とか。
家の名義変更手続きが出来次第のようです。
あれもこれも状態で、一人ではパニックになりそう~~~
つくづく一人っ子でなくて良かったと思います。

春めいてきたせいでしょうか、久し振りにランチの画像を撮る余裕もできました。
金曜日のランチ

う~ん、食が細くなってきたので完食は無理でした。悲しいなぁ~
『腹八分目』って言いますが難しい判断。
ついつい手が伸びてしまう私。
どの程度のことを言うのかな?

来週は夫と2泊3日の旅行を予定しています。
羽を伸ばしてきま~~~す。


霊園巡り

今日は、妹と母を伴って霊園巡りをしてきました。
妹のエネルギーには本当にびっくりです。
まぁ、重なってしまったとは言え、早朝に検診を受けその足で飛んで来てくれました。
途中でも道路が渋滞したようで、向かう先々でもどこもかしこも状態でした。
金曜日?春一番の影響もあったようです。

一番最初の見学先はお話が聞けるかと思ったら、予約終了とか。
夫と出向いた時はパンフレットをいただいただけですが、何の一言もありませんでした。
気になったのは、今年一月のチラシに予約終了と・・・
一言声をかけて欲しかったなぁ~
こちらも聞かなかったのも悪いけど。
斎場に近いから人気があるのでしょうか?

二件目、三件目も夫と見学したところですが妹と母に見て貰い納得して欲しかったからです。
強風の中、風に吹き飛ばされそうでした。
母は杖を付きながらゆっくりと私達の後から着いてきます。
永代供養墓はここ最近人気があるようです。
先祖代々のお墓を守っていくのは並大抵なことでないでしょう。
後継者が遠方に住んでいたり、予想外の展開や後継者が絶えたりと様々です。

三件目の隣の市になりますが、庭園樹木葬に納骨を決めてきました。
現在、枝垂れ梅が満開に近い状態でした。
クリスチャンだった父は、花を愛していましたから良いじゃないと妹も。
また、来週も書類申し込みを持参して契約です。
それにしても、戸籍謄本やら書類の準備も続きます。
取りあえず、こちらの契約者は妹が引き受けてくれました。

私は、来月の旅行前に社労務士さんと母の遺族年金の切り替えに出向くことになりました。
司法事務所からのご紹介で自宅から事務所まで一時間近くの道のりです。
打ち合わせをしたいと連絡があり、詳細はメールでのやり取りになるようです。

また、父の口座が凍結したため、母の名義変更になった請求書が次から次と転送されてきます。
世帯主が亡くなると、本当にどれだけ大変かを知らされました。
一件落着するまでは、後、数カ月ほど掛かりそうな予感がします。

我が夫は栃木県に今朝出かけて行きました。
お墓があるが故に、毎月、GHの義母を連れ出して一緒にお墓の掃除とお参りを続けています。
四捨五入すれば70歳、そろそろ通うのが辛くなってきたとポツリと言うようになりました。
運転できる間は・・・
最終的には、義母が亡くなったら墓じまいを考えていると言っています。
都内に住む息子夫婦に負担をかけるのも・・・

世の中、色々と変わって行きますね。
永代供養墓なら、必ず誰かがご焼香と献花をしてくれる筈。
お花が枯れているのを見るのは誰もお墓参りをしていないことであり、それならこんな方法もありが、私達姉妹の結論です。


長~い一日でした。
霊園内をよく歩きました。
もう、体中あちこちと痛くて。
おまけに母との会話が噛み合わなくて帰宅後ドッと疲れが押し寄せてきました。
一人でのんびりしましょう。


クリスチャン

父の葬儀は、先月の25日に近親者のみで執り行いました。
いわゆる家族葬です。
クリスチャンだったため、住職の読経もないとてもシンプルな告別式でした。
せめて、お花で一杯にして送りましょうと妹と決めたのですが。
コミニュケーションの行き違いで、前日にお花の手配などとアクシデントもありました。
無事に済んで次なるステップに動いています。

一番予想外だったのが、施設の方がかなり出席してくれたことでした。
生前父と関わりがあった方達で、代表取締役のお姿もありました。
本当に有難いことでした。
反対に、留守番の施設のスタッフさんが人数も少なくて大丈夫かしらと思ったほどです。

やっと一週間が過ぎ、今は妹と夫の協力を得て永代供養の方向に進んでます。
と言うのは、姉妹二人で家系は途絶えてしまうからです。
後継者もいない上にお墓もありません。
毎年、新年に書き替えていると話していましたが、聞いたのは私だけで父の遺言書も見つからなかったのです。
本気なのか冗談なのか、海に散骨と。。。

母の希望も聞いてみましたが解らないとの返事。
姉妹で決めるしかありません。

さぁ~、明日は永代供養墓の見学です。
解らないことが多いので色々と伺ってみようと思います。


| ホーム |


 BLOG TOP  » NEXT PAGE